​一人ひとりのケアの学びが社会で実践されることを願って

上智大学グリーフケア人材養成講座では講義やグループワークを通じてケアを学びますが、それを社会で実践する方法までは教えてくれません。教育機関ですしケア人材の養成を目的としていますから、これは当然のことです。少し補足しますが、講座での3年間が今の僕を形作っていると言っても過言ではありませんし、この講座で学べたことを心から感謝しています。

ですが僕は 「ケアの学び」 と 「”Will”を行動に繋げること」 は活動の両輪だと考えています。せっかく何年もかけてケアを学んできたのに、いざ実践という段階で動き方が分からなかったり、共に活動する仲間が見つけられなかったりで立ち止まってしまうのは、自分にとっても社会にとっても大きな損失だと思っています。

そしてORIZURUは「かなしみを支えられる社会の実現」を目指す活動団体です。目指す社会を実現するためには、僕たちの活動だけでなくみなさん一人ひとりのケアの学びが社会で実践されることが必要不可欠であると考えています。

TOBIRAは、自分の中にある "Will(心の声)" に従い一歩を踏み出すための相互研鑽プログラムです。全6回のワークショップと参加者同士でのセッションを通じて "行動する力" を養っていきます。

● ケアの活動を始めたいと考えている方

● 現在の活動を見直したい方

● 自分の中の "Will" を見つめてみたい方

● ORIZURUの活動に関心がある方


さぁ、TOBIRAを開けて新たな一歩を踏み出しましょう!

ORIZURU代表 小林正昭

定員に達したため募集を締め切りました

プログラムの特徴

TOBIRAは "Will(心の声)" を聴き、具体的な一歩を踏み出すための相互研鑽プログラムです。全6回のワークショップと各回で出される課題と向き合い、参加者同士のセッションを通じて行動する力を養っていきます。


"Will" を行動に繋げる

スピリチュアリティを通じて

Willを自覚し

ソリューションを考え

自ら行動する

ORIZURUでは、決して容易ではないケアの活動を継続していくために「Will ≒ 心の声」と「実践」の繋がりをとても大切にしています。プログラムではWillを行動に繋げるためのワークショップ(全6回)を実施します。



"Will" を語り合う

「Will」は言葉にすることで少しずつ心に定着する(醸成される)と考えています。そこで参加者同士が語り手や聴き手となり、お互いの思いを語り合う「TOBIRAセッション」を毎月開催します。

※日程は参加者同士で調整していただきます



"Will" を確かめる

ORIZURUの各種イベントに当日スタッフとして参加することができます。場づくりの体験を通じて自身のWillを確かめていきます。

ココロスケープは、東北大学大学院文学研究科 谷山洋三教授が考案された「スピリチュアルケアの構造」をモチーフとしたORIZURUオリジナルのカードワークショップです。3つの次元・8つのカテゴリーに分類されたカードを用いて自分の支えを探して行きます。


AKARIは、木の香りがする粘土を使って小さなお地蔵さまを創るアートワークショップです。初めての方でも簡単に楽しく取り組めるように工夫されています。創作に集中することで思考が静まり、様々な気づきに繋がることがあります。


よるてらは、平日の夜にお寺の本堂を開放し、珈琲を味わいながらゆっくり過ごしていただこうという企画です。厳念寺「あのてらプロジェクト」の企画ですが、インターンとしてスタッフを体験することができます。


メンバー限定グループウェア

メンバー限定のグループウェア(kintone)にご招待します。カレンダーで活動スケジュールを確認したり、チャットスペースで日常的に活動の相談や情報交換が出来ます。ワークシートのアップロードやダウンロードもこちらで行います。


参加者の声

Image1
Image1
Image1
Image1
Image1
Image1
Image1
Image1

TOBIRAを叩いて、一歩を踏み出せて本当によかったです。4ヶ月、ここで出会えたスタッフ、メンバーの皆様と歩んできて、開いた扉の向こうには、新しい世界が見えています。 ドキドキ>ワクワクでスタートしましたが、今はワクワクしかありません。

本当に楽しかった! たくさん笑い、最高に幸せな時間でした! TOBIRAに参加して、私の本当のWillと向き合うことができました。 まだまだスタートラインに立ったところですが、共に歩む仲間ができたことは、前に進む私の心を何よりも支えてくれます。

自分の中に眠るWillはまだまだ私に姿を表してくれていません。しかし、私の中にあるWillの存在に気づくことはできました。こうやって小さな気づきを重ねて、いつかふとした時に自分のWillと手を繋いで歩いている自分に出会う事を楽しみにしている私がいます。

昨日の自分と比べると変わらないかもしれない。でもTOBIRAに参加しようかな?どうしよう?と思っていた時とは、確実に違う自分がいます。思いを込めて、一歩踏み出せました。参加してよかったです。これからあせらず、丁寧に考えていきたいと思っています。

コロナ禍を言い訳にケアの活動の場を探すことに臆病になっていました。背中を押してもらえるかもと思い、えいやっという感じで申しこみました。結論、背中を押してもらう以上のパワーをもらいました。そして何より、得がたい仲間が得られたことが、とてもうれしい。

この出会いや活動は、私が求めていたものでした。たった4か月なのに、ここに集まったメンバーはお互いを認め合い、サポートしあい、一人一人から気づきをもらえました。このシステムと呼んでいいのか、プロセスというか無駄がなく考えつくされているように思いました。

何よりもプログラムがしっかり機能しており、スタッフも熟練された方々のため、私としては非常に安心して参加出来ました。また、メンバーは上智大学グリーフケア研究所出身者だけでなく、他の大学で学んだ方たちもいたので、セッションの際には様々な死生観の語らいの場となり有意義な時間となりました。

心の奥底の灯火でもあるWillに気づけたことで今後の方向性だけでなく、自分の状態にも気づくことができました。TOBIRAは今後の自分の活動を見出す機会・場となるばかりでなく、仲間と出会えるネットワークの場でもあり、自分のセルフケアの場でもあった、素晴らしいプログラムでした。

第2期スケジュール

ワークショップスケジュール

Day0 :10月1日(土) 18:00-21:30

Day1 :10月7日(金) 19:00-21:30

Day2 :11月11日(金) 19:00-21:30

Day3 :12月2日(金) 19:00-21:30

Day4 :12月17日(土) 18:00-21:30

Day5 :1月21日(土) 18:00-21:30

*ワークショップは参加必須です。

スタッフ体験スケジュール

   よるてら:10月13日(木) 18:00-21:30

ココロスケープ:10月28日(金) 18:00-21:30

   よるてら:11月17日(木) 18:00-21:30

    AKARI:11月25日(金) 18:00-21:30

ココロスケープ:12月9日(金) 18:00-21:30

   よるてら:12月15日(金) 18:00-21:30

*スタッフ体験は任意参加です。

募集要項

名称 TOBIRA第2期
-ORIZURU相互研鑽プログラム-
実施期間 2022年10月1日 ~ 2023年1月21日
参加条件

グリーフケア・スピリチュアルケアに関連する活動に関心がある方で全6回のワークショップ並びにTOBIRAセッション*に全て参加可能な方

(*TOBIRAセッションは参加者同士で日程調整を行います。)

定員 12 名 (最小催行人数 4名)
参加費

一人ひとりのケアの学びが社会で実践されることを願って、総申込人数に応じて参加費が減額される仕組みを設けております。


総申込数:価格

 1~3人:開催中止

 4~6人:20,000円(税込)/ 1名

 7~9人:18,000円(税込)/ 1名

10~12人:16,000円(税込)/ 1名


補足事項

*参加費は 20,000円/1名 の前払い制です。

*総申込数に応じて参加費が減額されます。差額はワークショップ初日に返金します。

* 2022年8月31日までのキャンセル :参加費の50%をキャンセル料として頂きます。

* 2022年9月1日以降のキャンセル:参加費の100%をキャンセル料として頂きます。

* プログラム開始後に途中離脱する場合におかれましても参加費は返金いたしません。

申込締切 2022年9月25日

 

定員に達したため募集を締め切りました

よくあるご質問

Q1. TOBIRAはどういうプログラムですか?

A1. TOBIRAは、自分の "Will(心の声)" を言語化し、具体的な一歩を踏み出すための相互研鑽プログラムです。全5回のワークショップと各回で出される課題と向き合い、そして参加者同士でのセッションを通じて "自ら行動する力" を養っていきます。結構しんどいプログラムだと思いますが、皆さんの真剣な気持ちにスタッフも真剣に応えていきます。共に4か月間を歩んで行きましょう!


Q2. 参加条件を教えて下さい。

A2. 本プログラムは、グリーフケア・スピリチュアルケアに関連する活動に関心がある方で、やむを得ない場合を除き、全6回のワークショップとTOBIRAセッション* にすべて参加できる方を対象とさせて頂きます。

*TOBIRAセッションは参加者同士で日程調整して頂きます。

*上智大学グリーフケア人材養成講座や東北大学実践宗教学寄附講座など、どこかの教育プログラムでケアを学んでいなくても参加可能です。但しTOBIRAは自らのケアの学びや関心を行動に繋げることを目的としており、ケアを学んだ方/学んでいる方を前提にプログラムが編成されています。予めご了承頂いたうえでお申し込みください。


Q3. 遠方からも参加できますか?

A3. はい、可能です。参加される皆さんのお住まいを考慮して、オンラインもしくはオフラインで実施していきます。

*コロナウイスルの影響を鑑みて急遽オンライン開催にする場合があります。

*ORIZURUイベントでのスタッフ体験(任意参加)は現地開催となります。


Q4. 参加費はかかりますか?

A4. 一人ひとりのケアの学びが社会で実践されることを願って総申込人数に応じて参加費が減額される仕組みを設けております。

総申込人数 参加費
1~3人 開催中止
4~6人 20,000円(税込)/ 1名
7~9人 18,000円(税込)/ 1名
10~12人 16,000円(税込)/ 1名

補足事項

*参加費は 20,000円/1名 の前払い制です。

*総申込数に応じて参加費が減額されます。差額はワークショップ初日に返金します。

* 2022年8月31日までのキャンセル :参加費の50%をキャンセル料として頂きます。

* 2022年9月1日以降のキャンセル:参加費の100%をキャンセル料として頂きます。

* プログラム開始後に途中離脱する場合におかれましても参加費は返金いたしません。


Q5. プログラム卒業後のことを教えて下さい。

A5. プログラム卒業後は、TOBIRA卒業生専用グループウェア『BASE CAMP』に参加することができます。それぞれのWillの実現を目指して、卒業期の異なるメンバーと交流することができます。

*終了後に関しましては、相互研鑽プログラムを通じて参加者のみなさんと一緒に考えていけたらと思います。


運営団体

ORIZURU

ORIZURUは上智大学グリーフケア人材養成講座の受講生が集まって設立した任意団体です。私たちは誰もが持っている「生きる力」を伝える活動、共に見つめる活動を通じて『かなしみを支えられる社会』の実現を目指しています。

お問い合わせ

ORIZURUインターンシッププログラムに関するご質問・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

© 2017-2022 ORIZURU